日本バーベキュー協会
 
協会概要 バーベキュー検定 BBQのコツ リンク集 法人向けビジネス 会員&情報募集

バーベキュー検定の概要

「大好きなアウトドアの世界でプロになれたら…」

どんなジャンルであれ、趣味としてアウトドアを愛好する人間であれば、きっと一度やニ度はそんな想いを描いたことはありませんか?

バーベキュー検定(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システムです。徐々にステップを踏みながら、バーベキューマスターへと進化を遂げれば、貴方の人生に新しいチャンスが訪れるかもしれません。

当協会が考えるバーベキューマスターとは、エンターテイメントのプロフェッショナルとして成り立つレベルの人材です。アウトドアの世界には様々な分野のプロがいますが、誰もが最初から、そのポストを用意されていたわけではありません。当協会会長・下城の肩書きである「アウトドア・プロデューサー」も、まさにその一例であり、この世界ではパイオニア的な存在であるといえるのです。

なぜ協会はプロの養成にこだわるのか…

プロのいる分野では、多くのファンに夢を与えることで経済効果が生み出され、プロもまた社会的立場から社会貢献活動に寄与しようとする好循環が生まれます。しかし、プロのいない分野では、極めようとする、あるいは個性を育てようとする努力よりも、採算性や利益計算が先行する、まやかしの論理がはびこります。

身近な例がオートキャンプ。バーベキューと同じようにレジャー的な要素をもつオートキャンプが、1990年代に空前のブームを迎えながらも失速してしまった要因は、そこにプロの生まれる土壌を築けず、今もなお「遊び」の延長から脱却できない点にあるのです。

バーベキュー業界も、新しい野外料理の潮流である「ダッチオーブン」にその座を脅かされ、おそらくこのまま推移すれば、やがては立場も変わってしまうことでしょう。ダッチオーブンには、既に幾つかの有力な団体があり、メーカーと取り組みながら、フィールドで、あるいは家庭で多くのファンの心を掴もうとしています。その点では既に一歩も二歩も先を行っていると云わざるを得ません。しかし…バーベキューとダッチオーブンでは、どちらがよく日本人に親しまれているのでしょうか?

業界に欠落しているのは父親的存在と使命感

焼肉とバーベキューの違い」でも詳しく記載していますが、私たちはあまりに身近すぎるがゆえに、バーベキューの持つ本質を見落としています。お肉を焼くことはBBQでは、実はほんの入り口に過ぎません。焼いたお肉をどう美味しく食べるか? つまり「料理」としての側面をかなり軽視してしまっているのです。

どんな世界にでも、楽しさを目標にする動きがあれば、努力を重ね技術を極めようとする動きがあります。それはともに必要なことであり、例れば母親父親のようなものであって、子供、つまりビギナーはその両者の恩恵を受けながら、スクスクと育たなければなりません。

しかし、私たちの知る限り、日本のBBQの世界には、公に極めることをめざす団体や組織がありません。だからこそ今、立ち上がるのです。

結び

このページの冒頭に書いた通り、バーベキュー・マスター制度は人材開発システムです。つまり、習うことはほとんどなく、基本を覚えた後は、それをどう自分で消化しアレンジしていくかが問われます。もし、貴方が本気でバーベキューマスターをめざそうとするのであれば、協会の最終の目標が、優秀なシェフ作りではなく、パフォーマンスのできるエンターテイナーであることをどうか記憶の片隅に置いておいてください。

 










 
日本バーベキュー協会