日本バーベキュー協会
 
協会概要 バーベキュー検定 BBQのコツ リンク集 法人向けビジネス 会員&情報募集

バーベキュー検定試験とは?

バーベキュー検定試験(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)です。徐々にステップを踏みながら、マスターへと進化を遂げれば、貴方の人生に新しいチャンスが訪れるかもしれません。

※検定設立の意義等は、バーベキュー検定の概要ページを参照下さい。

★初級インストラクター(初級検定)

■対象:仲間内のBBQーパーティーを盛り上げたい人・取り仕切りたい人、ちょっとBBQに詳しくなりたい人、BBQを好きな人、BBQを好きになりたい人

スマート・バーベキューをマスターする。すなわち、バーベキューに対する正しい認識を持ち、手際よく炭を熾して肉が焼けるレベルをめざします。スクールに参加いただき、約2時間の講義と実習を経て、最後に筆記試験を実施します。試験は30問(15分制限)。 20問以上正解で合格となります。合格者には後日合否結果と日本バーベキュー協会認定BBQインストラクター申請書が送られ、認定手続きをとっていただいた方は後日IDカード、認定書が発行されます。

■BBQ検定に合格された方限定で、日本バーベキュー協会 認定BBQインストラクター登録が可能になります。

BBQインストラクター認定登録費 3000円
登録費には、認定料2000円と、初年度年会費1000円が含まれます。

ご登録いただいた方には、BBQ検定に合格したことが認定され、「BBQインストラクター」であることを証明する認定証とIDカードを発行されます。 ※「SMART BBQ」ステッカー付
公認「BBQインストラクター」は、上級BBQインストラクターの受検資格、日本バーベキュー協会開催イベント優先参加、今後発売される日本バーベキュー協会限定グッズの購入も可能になります。


★検定内容
バーベキュー検定はBBQ基礎座学、スマートBBQデモンストレーション、筆記試験(振り返りテスト)の三部構成となっています。トータル3時間半ほどです。
当日学んだ中からの出題となりますので事前勉強は一切不要不要です。
バーベキュー講習会がありますのでバーベキューに参加できる服装で起こしください。
雨天でも開催します。荒天時は協会判断で中止する事もありますのでその節はご容赦ください。

<一部>
バーベキュー基礎座学講習(60分)
・人は何故BBQを求めるのか。
・そもそもバーベキューとは何か?
・BBQの文化、歴史を基礎から学ぶ
・日本はスマートバーベキューを目指す
・日本のBBQは何故「しんどい」「めんどくさい」のか
・BBQで裾野の広い巨大産業産業が出現する?
・BBQで地域おこし施設起こし!
・日本人が知らない海外BBQの最新事情
・茶道とBBQは相通じる「おもてなし文化」
・「野外き肉」と「BBQ」はまったく違う
・防災バーベキュー?キャンパスバーベキューとは?
<二部>
スマートバーベキュー実技講習 試食有(90分)
・自然を味方する炭の起し方
・分厚いステーキバーベキューの焼き方
・鶏肉の正しい美味しい焼き方
・「炭」の基礎知識
・火加減自由自在の炭のチャコールレイアウト法
・水鉄砲はバーベキュー道具です
・串BBQの失敗しない方法
・これからは野菜も主役に。野菜を美味しくする焼き方
・世界一美味しい「しいたけ」バーベキュー
・バーンストライプトレーニング
・バーベキューデザート
・炭の後片付け方法・・・他
<三部>
~筆記試験 30問 10分

~エンドBBQ・質問受付  20分

※筆記試験の合否結果は後日郵送でお届けします。
合格者を対象に希望者には「日本バーベキュー協会BBQインストラクター」に認定いたします。

BBQ検定に合格された方のみが、日本バーベキュー協会公式認定のBBQインストラクター登録が可能となります。

BBQインストラクター認定登録費 3000円
登録費には、認定料2000円と、初年度年会費1000円が含まれます。

ご登録いただいた方には、BBQ検定に合格したことが認定され、「BBQインストラクター」であることを証明する認定証及び認定IDカードを発行されます。 
公認「BBQインストラクター」は、上級BBQインストラクターの受検資格、日本バーベキュー協会開催イベント優先参加、今後発売される日本バーベキュー協会限定グッズの購入も可能になります。

*ご注意
日本バーベキュー協会と名前を紛らわしい団体がありますが、当協会とはまったく関係しておりません。
お申し込みの際はご注意下さい。

★上級インストラクター(上級検定)

■対象:初級合格者限定。バーベキューの指導者になれるレベルを目指す

スマートバーベキューに、料理の要素を付加する。初級のカリキュラムに、以下の内容が加わり3時間のスクールになります。また、筆記試験も50問に増え、40点以上が合格となります。合格者には、JBBQA特製のバーベキューインストラクターバッジが授与されます。

◆追加カリキュラム
・牛肉、豚肉、鶏肉、シーフードの基礎知識
・バーベキューレシピ
・ソースレシピ
・アフターバーベキュー

★バーベキューマスター(BBQを生業とするスペシャリスト)

バーベキューの技術に加え、コミニケーション技術が求められます。講義には、コーチング技術、コミニケーション論、ファッションなどの講義がプラスされ、試験にもペーパーテストにBBQ実技のテストが加わります。

受験資格には、上級インストラクター資格を得てから原則として30回以上のバーベキューの主催が必要です。ただし回数は提出いただくバーベキュー申請書にて最終判断いたします。

 









 
日本バーベキュー協会